娘たち。

朝落ち込んでいると長女が、 「パパ早くこっちに来て」 とのことで、 家族が揃ったところで 「パパ!いつもありがとう!!」 と紙袋を渡してくれた。 中には子どもたちの笑顔が印刷されたチョコレートの包み紙。 コレで吹っ切れました(^^)v

続きを読む

おしゃべり。

長女が通う小学校がインフルエンザによる学級閉鎖になってしまい、自宅で学習などしております。 それだけでは体力を持て余すらしく、三女の迎えに行っては帰り道公園に寄ったり、今度は次女の帰宅に際しては同じく迎えに行き、公園に寄って遊んでから帰っています。 例年に比べ積雪量は少ないものの、子どもたちが工夫して遊ぶには十分な量。 加えてつららがあって、それを折っては口に含んでいます。 公園には雪の重みで折れ曲がった竹があり、まるでトンネルや秘密基地のよう。 そこをくぐったり、家に見立てて遊ぶ姿はとても楽しそう。 丁度私が小学生の頃、同じように過ごしたことを今娘たちがしているのです。 雪もつららも竹も、私の齢になっては新たな興味や意欲を引き出すことは難しい。 しかし子どもたちにとって、遊びの素材として、様々な創意工夫を重ねることで充実した時間が過ごせるのかなあ、と微笑ましく感じています。 夕食の席ではそんな話をして、団欒のひとときを過ごすことができました。

続きを読む

雪が、降る。

年を越してようやく本格的な降雪がありました。 それまでは昨年同様異様な暖かさが続いていたのですからハラハラしていたのです。 雪が降ると季節の変わり目を感じる。 家屋の温かさに有り難さを感じ、四季折々の季節を楽しめる花山に感謝したくなるのです。 妻と長女と次女は張り切って登校しています。 自分たちで、ソリを引いているところが微笑ましいですね(^^)/ 三女は妻が引くソリに乗って幼稚園へ。 夕方帰宅後は次女と三女は長女の帰りを待ちながら庭で雪遊び。 体を思い切り動かせる環境にあることに改めて嬉しく思っています。 それぞれが冬を、雪を楽しんだ一日でした。

続きを読む

この時期のお楽しみ。

我が家の三人娘にとって、この時期楽しみなことがあります。 それは、「コンピューターゲーム」 PCのインターネット上で配信される無料ゲーム。 クリスマス関連のゲームがあることを発見したのは去年だったか、一昨年だったか。 携帯ゲーム等がない我が家にとって、この時期のこのゲームは親公認の楽しい時間。 それでもやり過ぎることもないので、夫婦そろって安心して見守ることができます。 画面を前に笑顔溢れる子どもたち。 心和む瞬間です。

続きを読む

「児童生徒交流発表会」

本日午後より中学校区の「児童生徒交流発表会」があり、参加して参りました。 花山小学校は現在隣の地区の中学校に進学します。 高等学校も1校あり、それらの方々が一堂に会し、日ごろの学習成果を相互に発表しあったのです! 2つの小学校、中学校、そして高等学校と、どの発表も大変に素晴らしく、感銘を受けました。 こうした交流の場が設けられているのはとても素晴らしいことのように思っています! 今回花山小学校は3年生以上全員出席していたのですが、2時間に及ぶ発表会の席上、一度も休み時間がなかったにもかかわらず、誰一人席を立つことなく、姿勢正しく聞き入っている姿に感動しました!!

続きを読む